パッケージ・ロジスティクスのコンサルティングなら、技術士包装物流会へ。経験豊富な技術士の集団が、ニーズに適したコンサルティングを提供いたします。

Japan Packaging and Logistics Consultants Society

トップページ

パッケージ・ロジスティクスのコンサルティングなら、技術士包装物流会へ

技術士包装物流会
会長 青木規明

技術士包装物流会(JPLCS)会長の青木規明です。

当会は、公益社団法人日本技術士会の登録グループであり、包装技術、物流技術を専門とする技術士(*)集団です。

当会の技術士は、企業に勤める企業内技術士と、独立し技術士事務所を開業した技術士が所属し、それぞれの領域で活躍しています。

主な活動は、(1)会員技術士間の情報交流・懇親 (2)研究会・講演会・現場見学会等の開催による技術の継続研鑽 (3)技術士を目指す若手技術者への技術指導、受験指導による人材育成 (4)関連団体との協業による技術革新への寄与 (5)社会課題に対する研究会活動による技術的提言、等です。

地球環境問題、食糧問題、SDGs、グローバルサプライチェーン関連課題、物流生産性向上、作業現場での要員不足、物流DX等、早急に解決しなければならない技術的課題が多々発生しており、これら課題解決に、当会技術士は日々取り組んでおります。また、これら課題を解決するためには技術者が不足しており、当会では包装技術、物流技術を専門とする技術士を育成し増員することも、重要な責務となっております。

最後に、当会では経験豊富で専門技術を有する技術士が多数在籍し、貴社の包装、物流関連の課題解決、コンサルティングも実施しております。お気軽にご相談ください。

*技術士とは

 「技術士」は、国によって科学技術に関する高度な知識と応用能力が認められた技術者で、科学技術の応用面に携わる技術者にとって最も権威のある国家資格です。また、「技術士」は、産業経済、社会生活の科学技術に関するほぼ全ての分野(経営工学など21の技術部門)をカバーし、先進的な活動から身近な生活にまで関わっています。
 さらに、「技術士」は、「技術士法」により高い技術者倫理を備え、継続的な資質向上に努めることが責務となっています。

詳しくはこちらをクリック

技術士包装物流会のコンサルティングサービスの特徴

国家資格である技術士の集団

技術士包装物流会(JPLCS)は、文部科学省が管轄する国家資格である「技術士」の資格を持つ、プロフェッショナルの集団です。

包装(パッケージ)と物流(ロジスティクス)に関する幅広く深い知見と、資格に保障された高い技術レベルをもって、御社が抱える包装・物流に関する問題の解決をサポートいたします。

適切なコンサルティングを実現するネットワーク

技術士包装物流会には、それぞれ得意分野の異なる90人の技術士が所属しています。

90人の中から、ニーズや業種・業態に合ったコンサルタントが御社を担当。もちろん、他の技術士の意見も取り入れます。

当会では、最適な担当者による適切なコンサルティングサービスを提供することができるネットワークを構築しています。

法律に則ったコンサルティングサービス

技術士は「技術士法」という法律に則って活動することを義務付けられています。

守秘義務が課せられていることはもちろん、国の法に従い活動しなくてはなりません。

法律に則った安全なコンサルティングサービスで、御社の発展をサポートできれば幸いです。

サービスについてのご相談

詳しくはこちらをクリック

技術士包装物流会(JPLCS)について

技術士を目指す方へ

当会では、技術士資格取得を目指す方を対象に、論文添削指導等の学習指導や、ノウハウの提供を行っています。

研究会・見学会・セミナー案内

包装・物流に関する最新情報を取得していただくべく、研究会・セミナーを開催しています。

技術士包装物流会(JPLCS)の活動