パッケージ・ロジスティクスのコンサルティングなら、技術士包装物流会へ。経験豊富な技術士の集団が、ニーズに適したコンサルティングを提供いたします。

Japan Packaging and Logistics Consultants Society

会則

◎技術士包装物流会会則(平成28年1月現在)

 

 

第1条 本会は、技術士包装物流会(Japan Packaging and Logistics Consultants Society

        略称:JPLCS)と称する。

第2条 本会は、事務所を公益社団法人日本包装技術協会内に置く。

第3条 本会は、包装・物流関係技術士相互の親睦、研鑚および連絡協力を行い、もって会員の教養および技術の向上を図ると共に対外活動を行い、また海外関係団体との技術交流を図ることを目的とする。

第4条 本会の会員は、本会の趣旨に賛同し、かつ技術士試験に合格し、理事会で承認されたものとする。なお、技術士補の場合は、準会員として扱うものとする。

    本会は下記会員で構成される。

    正会員   技術士第二次試験合格者

    準会員   技術士第一次試験合格者

    尚準会員が二次試験に合格した場合は自動的に正会員となる。

第5条 本会は、次の事業を行う。

    1.研究会、読書会、見学会等

    2.共同研究

    3.経験交流及び資料の交換

    4.包装・物流技術の向上、改善のための問題提起

    5.教育資料作成の指導

    6.コンサルタントの斡旋紹介

    7.講師の派遣

    8.関係諸団体との交流

    9.海外関係団体との交流

10.その他

第6条 本会の最高意思決定機関は総会とする。本会は年1回以上総会を開催する。会員の過半数の出席(出席者と委任状提出者の合計)を以て総会は成立し、総会での議案決裁は、出席会員の2分の1以上の同意を得ることとする。

第7条 本会に次の役員を置く。

    会長    1名

    副会長   2名以内

    理事    23名以内

    相談役   7名以内 歴代の会長、関西支部長、日本技術士会理事経験者より

    監事    4名以内

第8条 総会で選出された役員は会員を代表して本会の運営に当たる。

理事会は、会長、副会長、理事により構成し、会長が主宰する。出席理事の過半数の賛成を得て議案は成立する。なお、緊急の場合は、電子メールまたはFAX等を利用する臨時理事会を開催することが出来る。

第9条 役員は総会において正会員の中から選出し、その任期は2年とする。ただし重任を妨げない。

尚、会長に立候補を希望する正会員は、正会員5名以上の推薦状を添えて改選期の前年の1015日までに選挙管理委員長宛にその旨通知するものとする。

立候補者が居ない場合は現役員のうち、会長、副会長、理事の推薦または互選で次期会長候補者を立てる。副会長は会長推薦により、理事は会長、副会長推薦により候補者を立てる。

10条 本会に顧問をおくことが出来る。

11条 本会の会費は、年額1万円とする。ただし、準会員は年額6千円とする。

なお、下記の3要件を満たす正会員で申し出があった場合は、理事会の承認後、名簿、会報のみ送付することとして会費を免除する。

    1.80歳以上

2.会の重責者として貢献した(会長、副会長、監事、関西支部長、関西副支部長
  等)

    3.在籍期間20年以上

また、会費の滞納が2年連続し、かつ納入の意思がない会員については、会長判断で退会とすることが出来る。

12条 本会の会計年度は、1月1日より1231日とする。

13条 会員死亡の際の弔慰金は、香典(または花料)として相当額を供える。

14条 海外勤務あるいは長期療養などの事由で活動に参加できない会員より申し出があった場合、理事会の承認により、休会とし、名簿にその旨記載する。尚、会費は徴収しない。

15条 本会の運営に重要な関係を持つ団体等に所属する方々の中から副会長および理事2名以上の推薦があり、会長が認める場合は会友として登録することが出来る。なお、会友は会費払込みの義務は負わない。

16条 会則の各条項に関連して、会則に定めのない細かな事項に運用上の手続きを定めることが相当と判断される事項については、理事会で出席理事の過半数の賛成を以て『規則』を定めることが出来る。会員は誰でも発案することが出来るが、理事会への起案は理事3名以上の連名で文書により行うこととする。

 

[改訂の記録]

昭和42年(1967年)4  1日制定

昭和46年(1971年)210日改訂 会計年度及び監事の新設、会費増額

昭和51年(1976年)721日改訂 名称変更、役員増員、会費増額

昭和58年(1983年)415日改訂 名称変更、総会の議決追加、会費増額

昭和63年(1988年)128日改訂 特別理事の新設

平成02年(1990年)129日改訂 関西支部発足に伴う役員増員

平成03年(1991年)128日改訂 会費増額

平成04年(1992年)130日改訂 役員増員

平成07年(1995年)2  6日改訂 英文名称改称

平成09年(1997年)124日改訂 第3条及び第10条に文言追加、第12条追加

平成12年(2000年)120日改訂 第8条に文言追加(会長選出方法)

平成13年(2001年)123日改訂 第13条追加

平成14年(2002年)124日改訂 第10条に会費滞納者の除名規定を追加

平成15年(2003年)123日改訂 第14条を追加

平成16年(2004年)129日改訂 第8条の一部を改定、第15条を新設

平成19年(2007年)130日改訂 第13条の一部を改定

平成21年(2009年)128日改訂 第7,8,9条役員呼称、人数、選出方法を改定

8条新設のため、以降条数が変更

6,15,16条議決条件を改定

平成22年(2010年)127日改訂 第4,9,11条 技術士補の入会の関連条項改定

8条 臨時理事会の規定を追加

11条 除名を退会に字句修正

平成23年(2011年)126日改訂 第4条、第9条、第11条の内容変更

平成24年(2012年)130日改訂 第2条 呼称変更、 第7条 人数及び副会長、相談役の選出規定を変更

平成28年(2016年)118日改訂 第11条 会費免除規定を改定

                                                                                         =以上=

詳しくはこちらをクリック

組織紹介

技術士包装物流会

東京都中央区築地 4−1−1 (社)日本包装技術協会内

お問合せはこちら

お問合せはフォームにて

24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。